キャンc


白内障の原因とゼアキサンチン

 

そもそもどうして白内障になってしまうのかをご存知でしょうか?
ゼアキサンチンが白内障予防に効果的と言われているのですが、まずは白内障の発症理由についてしっかりと考えてみましょう。

 

白内障というのは目の水晶体が白く濁ってしまう病気になります。
水晶体というのはカメラで考えた場合のレンズです。
つまり、カメラにおける主要箇所ですよね。

 

このレンズが濁ってしまうことによって、白内障を発症しやすくなってしまいます。
では、どうして水晶体が白く濁ってしまうのでしょうか。

 

この濁りの原因というのは紫外線などの光が直接侵入することが原因だと考えられています。
実際、紫外線量が多い地域というのは白内障発症リスクが高くなるといわれているのです。

 

つまり白内障を予防するには、紫外線をしっかりと遮断することができるサングラスなどを使用することが大切です。
ちなみに、この水晶体はレンズというわりにとても柔らかい水分によって構成されています。

 

だからこそ、細かいピント調節も自由自在に行うことができるんですよ。
普段の生活の中でしっかりと水晶体に配慮した生活習慣、そして水晶体の白濁を予防するために栄養分を吸収するということが大切になるのです。
そのことをしっかりと覚えておいてくださいね。

 

ゼアキサンチンと白内障の関係

 

白内障は加齢によって目が老化してしまうことによって発症しています。
通常であれば人間の体の中にある古いタンパク質というのは新陳代謝によって新しい成分へと入れ替わっています。

 

しかし、水晶体の中においてはそれができないのです。
水晶体というのはたんぱく質、ミネラル成分から作られているのですが、それらはバリア構造によって守られています。
そして入れ替わることはできません。

 

つまり水晶体そのものの加齢、そして紫外線などによる影響が原因となって活性酸素を発生させているのです。
この活性酸素が原因となりタンパク質を酸化させることによって目の老化を引き起こすことになります。

 

この老化したタンパク質は目が白く濁る原因となってしまいます。
この濁りが原因となって網膜に正常に像が結ばれるということを邪魔してしまったり、光量を減少させてしまうようになるのです。

 

そして視力に影響を与えるようになってしまいます。
白内障が進行してしまう原因は、日常生活が非常に大きく関係しているといわれているのです。
コレステロールの高い食生活、喫煙といった習慣によって、紫外線を必要以上に吸収してしまうようになり、白内障を発症するのです。

 

このような白内障の原因を改善するためにもゼアキサンチンを摂取するようにすると良いと言われているんですよ。

 

 

 

キャンCと目薬

 

キャンCのような白内障の目薬というのは、白内障の進行を食い止める、ということが一番の目的です。
つまり、長期的に使用することが大前提となるのです。

 

長期的に使用する異常、副作用が少ないものが選ばれるのですが、薬である異常は副作用が一切ない、というものではありません。
白内障目薬における副作用というのは以下のようなものが報告されています。
まぶたのただれ、眼痛、目の異物感や結膜の充血、目のかゆみといった症状になります。

 

このような違和感がある場合には、すぐに主治医に相談をしてみるようにしましょう。

 

また、副作用ではありませんが、点眼薬の先がまぶたやまつ毛にふれることによって点眼薬内部に雑菌が入ってしまうこともあります。
目の周りというのはとても多くの常在菌が存在しています。

 

それらが点眼薬の容器内で繁殖してしまうと薬剤自体がダメになってしまうこともあります。
そのため、点眼薬容器内部に雑菌が繁殖しないように十分に注意しておくようにしてください。

 

また、点眼薬はたくさん使用すればそれだけ白内障の進行を遅らせることができる、というものではありません。
そのため、量や回数はしっかりと守るように心がけてください。

 

 

 

キャンc