キャンc


クララスティルは白内障治療の薬として使用されている

白内障の治療方法についてネットで情報収集していたところ、クララスティルという点眼薬の存在を知りました。
日本では処方されていない薬ですが、海外では白内障の患者に処方されているようです。
いつか手術しなければならないのなら、その前にこのクララスティルという薬を試してみたいと思っています。
ただ効果が無い分には別に構いませんが、もし副作用が出て白内障を進行させてしまうようなことがあったら…と思うと気軽に試してみると言うこともできません。
日本で流通していないという事は何か原因があるわけですよね。
絶対に安全だったら処方されるようになっているでしょうし…。
副作用の少ない点眼薬を開発してほしいです。

 

クララスティルってどんな目薬なの?

 

クララスティルはNアセチルカルノシンをほんの僅かですが含んでいる白内障用目薬になります。
人の体の中では生成されることのない複合アミノ酸を含んでいるのです。

 

この成分が目薬として眼球に浸透することで、加齢によって衰えてしまっている水晶体が、元気を取り戻すようになります。
つまり、手術をせずとも白内障を治療することができる、ということなのです。

 

人間だけに限らず、動物の白内障にも効果的なアミノ酸はNアセチルカルノシンです。
この目薬の良い点は、加齢だけではなく糖尿などによって発症した白内障に対しても効果を期待することができる、ということです。

 

さらに副作用はこれまでに一度も確認されていないのです。
目薬としては高額ではありますが、試してみる価値はあるのではないでしょうか。

 

白内障を発症すると、日常生活の中で不便なことが様々出てきます。
そうはいっても白内障の手術をするまでではない…
そんな時にはまずはクララスティルのような点眼薬タイプの白内障治療薬を試してみてはどうでしょうか。

 

毎日手軽に使用することができますので、とてもおすすめです。
白内障の初期症状等が出ている場合にも、症状の進行を食い止めるためにもクララスティルを試してみてはどうでしょうか。

 

若くても白内障になっちゃうって本当?

 

白内障の患者さんに会う機会があり、白内障にもたくさんの種類があることを知りました。
もともと白内障は老化が原因だと思っていたのですが、最近は若い人でもかかってしまう病気のようです。
先天性の白内障、糖尿病による白内障、放射線が原因の白内障、アトピーとの合併白内障、ステロイドによる白内障、そして若年性白内障です。
こんなにたくさんの原因があるわけですから、本当に他人事ではない病気なんですよね。もちろん、予防もできる病気なので自分次第でならなくてすむという訳です。
気になるのは、若年性白内障ですがこれはストレスや過労や運動不足や偏った食生活などに原因があるということです。自分に当てはまっているなと思ってしまいました。
仕事のストレスや疲れもあるし、運動は全然していないし、食生活は乱れているしといいことなしです。
これを知ったからには、しっかり生活習慣やストレスに関して見直してみる必要がありそうです。若年性白内障にならない為にも、まじめに生活習慣を改善しようと思います。

キャンc