キャンc


目の病気とキャンC

 

目にはいろいろな病気ががあります。
白内障と同様によく知られている病気が緑内障です。
この緑内障と白内障とを混同してしまう方も多いようですが、実は異なる病気です。
ただし、どちらも年齢を重ねることで発症率というのは高くなる病気になります。

 

どちらも自覚症状というのはほとんどありません。
眼科の定期検診においてたまたま発見される、ということが多いです。
自覚症状を感じるくらいになると、症状もさらに進行していることが多いですので、定期的に検査を受けておくべきでしょう。

 

緑内障は視野が欠けていきます。
異常を感じた時にはすでに症状がかなり進行してしまっている、ということもあります。

 

白内障は水晶体に濁りが発生します。
目のかすみ、視力低下といったものが主な症状になります。
名前は似ているのですが、症状自体は全く異なります。
両方の病気を併発してしまう人もいます。

 

緑内障も白内障もどちらも加齢による病気だからです。
これらの症状を予防するためにも、ビタミンを積極的に摂取することが重要です。
キャンCを使用したり、野菜などからビタミンCを意識して摂取するようにしてみてください。
それだけでも緑内障や白内障の症状を緩和することができるようになるはずです。

 

 

黄斑変性症と白内障

 

黄斑変性症の原因となっていることはいくつもあります。
その中でも、白内障というのは特に大きな原因となっているのです。

 

これは、白内障になると黄斑部が紫外線の影響を受けやすくなってしまうからです。
通常の透明な水晶体というのは、有害な紫外線を吸収するうえで重要な働きをしています。
そのため、網膜に届いている紫外線量を抑える、という効果を期待することができるのです。

 

しかし、白内障によって透明なはずの水晶体が濁ってしまうと、網膜というのは少しでも光を得ようとします。
そして光に対して異常に敏感な状態になってしまうのです。

 

そうなると、少しの紫外線であっても、酸化変性を起こしてしまうことはあるのです。
白内障の手術を受けることによって、人工の眼内レンズに入れ替えている方というのは注意が必要になります。

 

眼内レンズと呼ばれるのは本来の水晶体とは違い、十分に紫外線を吸収することができなくなるのです。
そのため、たくさんの紫外線が網膜にどんどん吸収されるようになってしまうのです。

 

眼科医療が発達したことで、紫外線を吸収することができるものへと変化させることができるようになるのです。
しかし、それでも危険であるという意識はしっかりと持っておくようにしなければなりませんよ。

 

そうすればより黄斑変性症を予防することができるようになりますよ。

 

 

黄斑変性症と発症因子

 

黄斑変性症は様々な因子によって発症するといわれています。
例えば、遺伝です。
両親や血縁者において黄斑変性症を発症したことのある方がいれば、遺伝によって黄斑変性症を発症しやすいと考えて良いでしょう。

 

 

また、喫煙も黄斑変性症を発症するリスクを高めると考えられています。
タバコを吸っていると、全身の血流が悪くなってしまいますので、目の毛細血管における血流にも悪影響を与えてしまうのです。

 

喫煙というのは網膜の血液循環を20%以上も低下させるということが分かっています。
タバコは高血圧だけでなく動脈硬化の促進、黄斑部の血管に変性を起こしてしまいます。
また、喫煙というのは黄斑部における抗酸化物質を大幅に消費してしまいます。

 

ちなみに、男性と女性とでは黄斑変性症を発症するリスクが異なるともいわれています。
男性は女性よりも2倍も黄斑変性症を発症するリスクが高くなるといわれています。
欧米においては、女性のほうが黄斑変性症を発症しやすくなっているのです。

 

さらに何かしらの強い衝撃を受けた場合などにも、この黄斑変性症を発症してしまう可能性はあります。
このように黄斑変性症は様々な気になる点がありますので、そのことをしっかりと覚えておくようにしてください。

 

キャンc