キャンc


クララスティルと海外での人気

 

海外では、クララスティルという点眼薬は白内障の手術に代わって、白内障において非常に効果的な薬剤として知られているのです。
白内障の手術というのは簡単なものではありますが、水晶体の膜をめくってからそこに人工的な物を挿入するのですから怖いですよね。

 

そのことを思えば、自宅において1日に2回点眼をするだけですので効果が出るまでには1ヶ月程度はかかります。
言いかえるのであれば、視力回復が見られるようになるまでに1ヶ月ですので、はっきりと症状が改善されるわけではありません。

 

では、完治するまでにはどの程度の期間が必要なのか、というとやはり半年程度はかかるでしょう。
半年というのはかなり長いように感じるかもしれませんが、手術による恐怖感や、通院といったことを考えれば気持ちがかなり楽ですよね。

 

しかし、たとえ半年後に白内障が完治したとしても、このクララスティルの使用を止めてしまってはいけません。
やはり再発する可能性もありますので、できるだけ長期的に使用するようにしてください。

 

そうすれば、より効率よく白内障の症状を予防、緩和することができるようになりますよ。
白内障の症状に悩まれている方は、一度クララスティルを試してみてはどうでしょうか。

 

白内障発症リスクとゼアキサンチン

 

白内障を発症してしまうのは高齢者の方であることが多いです。
60代であれば70%、70代であれば80%、さらに80代以上であれば100%という非常に高い確率になります。

 

もちろん非常に軽度であって、視力が多少低下した程度という方もいますが、白内障の進行を完全に食い止めることはできません。
そのため、点眼薬や内服薬、ゼアキサンチンなどを普段から使用しておくことが大切になります。

 

このような老人性白内障はもちろん先天性白内障を発症してしまうことがあります。
さらに、アトピー性皮膚炎の治療に使用されているステロイド剤における副作用によって白内障を発症してしまったり、精神病治療薬が原因となって引き起こされる副作用も確認されているのです。

 

その他には目に外傷を受けていたり、糖尿病といったものも白内障を引き起こしている場合があります。
生活習慣の乱れや無理なダイエットといったものが目の病気を引き起こしている可能性もあります。

 

若いうちから白内障の危険を招くことがないように、偏食をしっかりと止めるようにしてバランスのとれている食生活を心がけるようにしましょう。
そうすることでビタミン類をしっかりと摂取することができ、白内障を予防できるようになりますよ。

 

白内障の手術で使用するレンズの特徴

 

白内障のレンズはとてもよくできています。
年々性能が上がって、術前はメガネが必要だったのに術後はメガネなしでも遠くが見えるようになったという人もいます。
白内障の手術で使用するレンズは単焦点レンズですが、こちらは一ヶ所しかピントを合わせられないようです。
もう一つ多焦点レンズと言うものがあるのですが、こちらは保険適用外で手術費用がぐんと高くなってしまうみたいです。
ただ多焦点の場合は二ヶ所に焦点を合わせることができるそうで、遠くも近くも見ることができます。
その点単焦点の場合は一ヶ所のみとなるため、遠くを見やすくすると近くが見えなくなると言ったデメリットもあります。
レンズ選びは時間を掛けた方が良いですね。

 

白内障を治すことができる点眼薬について

 

白内障は目薬では治療できないものだと思っていました。
進行を遅らせると言う意味で目薬は有効でも、最終的には手術をするしかないと思っていたのです。
なので手術は覚悟していましたが、最近になって白内障を治すことのできる目薬があることを知りました。
ただこの点眼薬は日本ではまだ認可されていないもののようで、海外からの輸入でないと手に入れることができないみたいです。
日本で処方してもらえる薬であれば安心ですが海外でしか使用されていないと聞くと少し不安ですよね。
でもできれば手術はリスクもあるので避けたいですし、安全な点眼薬なのであれば多少値が張っても使ってみたいと思っています。

キャンc