キャンc


キャンCと目の老化

 

目の老化現象としてよく知られているのが白内障です。
この白内障ですが、40代以降になると発症しやすくなります。
40代以降から発症確率が高くなって、70代になると9割以上もの方が発症するといわれています。

 

しかし、最近では、20代や30代の方でも発症してしまう若年性白内障が増えてきています。
老化によっておこる白内障とは異なって、若年性白内障の場合には症状がどんどん進行していきます。

 

若年性白内障の原因というのは、ケガや病気が原因となっていることもありますし、食事や生活習慣が原因となっていることもあります。
過去のケガや病気が原因となっているのは、ケガによって網膜剥離や硝子体手術、ブドウ膜炎といった病気によるものです。
これらの病気と白内障が併発するのです。

 

また目のケガや網膜剥離、さらに緑内障や白内障といった目の病気というのは様々あります。
中でも白内障や緑内障というのは非常に多くの方が発症しているものです。

 

栄養が不足していることで、白内障を発症してしまうこともあります。
どんなことが原因となっているのか、というのはそれぞれ異なりますが、原因を特定することは簡単ではありません。
生活習慣などが原因となっていることもありますし、外傷による打撲白内障もあります。
打撲をしてから長い時間が経過していても、ある時突然に症状が出ることもあります。

 

目に異常を感じた時には、キャンCを使用するなどして、早く対策をとるようにしましょう。

 

ゼアキサンチンって一体なに?

 

ゼアキサンチンというのはカロテノイドの一種なのですが、その効能というのは白内障や黄斑変性症の予防することができる、というものです。
ゼアキサンチンはルテインと同じように黄斑部に直接働きかけることによって活性酸素を無害化することができます。
そして白内障、黄斑変性症といった眼病を予防することができるといわれているのです。

 

では目の活性酸素というのはどうして作られるのでしょうか。
まず物を見る時というのは光を通して色彩を認識しています。

 

しかし、光を目に入れると同時に活性酸素もつくられてしまうのです。
この活性酸素が発生し続けてしまうことによって白内障やドライアイ、眼精疲労といった目のトラブルを引き起こすようになります。

 

特にテレビやパソコン、スマホなどから出ている青色光、紫外線というのは活性酸素を作りだす原因となっているのです。
そこで、抗酸化作用が非常に高いゼアキサンチンによって眼病を予防してみてはどうでしょうか。

 

私達の眼というのはゼアキサンチンやルティンの働きによって保護されています。
しかし、抗酸化作用のあるゼアキサンチンやルティンの量が不足してしまうと眼を守ることができなくなってしまい眼病を発症してしまうようになるのです。
そのため、できるだけゼアキサンチンを摂取するようにしましょう。

キャンc