キャンc


緑内障と白内障とキャンC

 

緑内障と白内障というのはどのような違いがあるかをご存知でしょうか。
緑内障と白内障というのは字が似ているので混同されがちなのですが全く別物です。

 

大人でもこの両方の区別が曖昧な方も少なくありません。
ではここで、緑内障と白内障とにどういった違いがあるのかを説明してみたいと思います。

 

白内障についてですが、白内障というのは目の中に存在している水晶体という部分に問題が起きています。
この水晶体というのは透明な凸レンズの形をしている器官になります。

 

水晶体の内部というのは前嚢、後嚢といった袋につまっているゼリー状の皮質、そして核から作られています。
白内障というのは、この水晶体の部分が濁る病気なのですが、光がやけに眩しく感じてしまったり、文字がボケて見えることもあります。

 

さらに視力が低下したり、夜道や夕方になるとものが見えにくくなります。
薄暗い時の方がものが見えやすくなることもあるんですよ。

 

一般的に、白内障というのはお年寄りが発症するものだとおもわれがちですが、40歳代から水晶体はにごり始めるともいわれているのです。

 

白内障の症状が出ている時には、少しでも早い段階でキャンCを使用するようにしてみましょう。
そうすればより効率よく白内障の症状を改善することができるんですよ。

 

緑内障に気をつけよう

 

僕の父親が不幸なことに緑内障になってしまいました。 とは言っても、今のところはなんとか初期で済んでいるみたいですが。
うちの父親もなんだかんだで年ですからね、いつ緑内障になったって別におかしくはないわけなんですが・・・よりにもよって本当になってしまうなんて、まったく考えもしませんでしたよ。
でも、初期段階である今のうちに見つけられたのは本当に幸運でしたね。 緑内障は自覚症状がほとんどないという話ですから、気がついたら手遅れ・・・なんてことになってしまう可能性だって十分にあったわけですもんね。
運がいいといいますかなんといいますか。 こういうことがあると、やっぱり定期的に眼科の検診に行くことも重要なんだな、と思い知りますね。 僕も特に自分に自覚症状がなくても、定期的に眼科検診は受けようと思います。 皆さんも気をつけてくださいね。

 

友達が緑内障になる

 

友達が続発性の緑内障と言うものになってしまいました。 目の怪我や炎症など、他の疾患から緑内障になってしまうものを続発性緑内障と言うんだそうです。 友達の場合は目の炎症からきたみたいです。
とりあえず速攻で治療をしていますのでなんとか進行は抑えられているみたいですが、根本的に解決することはできない病気ですからね。 本当に厄介な病気ですよ。 ただ、適切な治療さえ続けていけばかなり進行を抑え続けることはできるみたいですので、それだけは少し安心ですね。
ですが、完全に治すことはどうやってもできないですので、これからはとにかくうまく付き合っていくしかないみたいです。 なんだかこちらまで切なくなってしまうと言うか、ショックを隠せないですよ。

 

加齢とともに眼球が白く濁る白内障

 

人間は年と共に白くなっていきます。
髪の毛や体毛には白髪が混ざるようになり、肌もだんだんと白っぽくなっていきます。
ただこれは病気と言うわけではなく加齢に伴った自然な変化ですね。
そしてもう一つ、白くなっていく場所と言えば眼球です。
いわゆる白内障といわれる症状で、加齢によって発症するリスクが上がってくるため注意しなければなりません。
軽度の場合は手術は必要ないものの、進行すると手術をしなければならくなってしまいます。
また加齢とともに発症リスクが高まるのは白内障だけではありません。
緑内障や網膜症などもありますので、一年に一回は眼科で検査を受けることが早期発見にも繋がります。

キャンc