キャンc


白内障と緑内障

 

目の病気にもいくつか種類があります。
緑内障と白内障とを同じような病気だと誤った認識をしている場合もあります。

 

しかし同じ目の病気である、という点を除けばこの2つの病気というのは全く異なるものです。

 

白内障は目の水晶体が白く濁ったように見えるので、見た目としてもその異変にすぐに気づくことができます。
主な症状としては視力の低下や、光を異常に眩しく感じるなどが挙げれます。
白内障は高齢者の病気としても良く知られているのですが、手術をすることによって治療をすることも可能なのです。

 

その一方で緑内障に関していうのであれば、視神経にダメージを与えている原因が発生した場合には、視野が欠けるなどの症状が出るようになります。
しかしどちらか片方の目だけに症状が出ることが多いですので、両目でものを見ているのでその異変に気付きにくいのです。

 

緑内障は進行していく病気ですので、視野はどんどん欠けていくようになります。
初期でも目の検査をする場合には緑内障だと判断することもできます。
しかし、自覚症状はありませんので、そのまま気付くこと無く過ごす方も多いようです。

 

視野の欠損に気づくのが中期以降ですので、自覚症状に気付くのはすでに症状がかなり進行してからだということになります。

 

早期治療の開始が大原則な緑内障

 

緑内障の治療開始時期は、人によっても大きく異なるのが現状です。早期発見が実現できるのは、検診で意図的に緑内障の検査を行なっているか、何らかの理由で眼科を受診した際に、たまたま眼底検査や眼圧検査を行ない、その値が緑内障の可能性を示してわかるということしかありません。

 

初めはなかなか症状が出現していても気付かずにいるのが緑内障の特徴。それだけに、生活に不便さを感じてしまっているという状態は、初期からだいぶ進行している可能性を示唆しているのです。ですから、生活に不便さがあるのであれば、迅速に緑内障の診断を受けて、今後についての指導をしてもらうのが重要です。

 

緑内障の治療開始が早ければ、日常生活で視野が欠損するスピードを遅らせることができるようになります。亡くなるまで一生付きまとう緑内障は、どれだけの視野が残せるかがカギでもあります。

 

治療が遅れると視野欠損の割合が大きくなります。ひどければ失明に至ってしまい、残りの生活における楽しみの大半を失ってしまうこともあるのです。当たり前のように見えている景色が、突然認識できなくなったとすると、ショックの大きさは計り知れません。

 

ですから、緑内障は早期治療が大原則とされているのでしょう。

 

 

 

白内障の目薬キャンC

 

友達のお父さんが、白内障になってしまったそうです。白内障とう病名は聞いたことはあったけど、正直どんな病気なのかは知りませんでした。
原因としては、加齢だそうです。目がかすんだり、ぼやけて見えたりなどの症状が出てきたら、白内障を疑ったほうがいいのかもしれませんね。
歳だから仕方がないとか、疲れているからとか思わずに、まずは早めの眼科へ行く事をおすすめします。

 

友達のお父さんは、キャンCという目薬を使って白内障を治療しているそうです。病院へ言ったのではなく、個人輸入でキャンCを買ったと言っていました。
目がぼやけて見えていたけれれど、以前よりも緩和されたようです。キャンCという白内障の目薬は効果があるんですね。
うちの両親も白内障になってもおかしくない年齢なので、気をつけて欲しいです。

 

まずは、栄養をしっかり考えてた食事を心がけたり、生活習慣を改善する必要がありそうです。
最近は、年配の人の病気だと思っていても若い人でもかかってしまう場合があるので、私も気をつけなくちゃと思いました。

 

キャンc