キャンc


老化と白内障にはどういう関係があるの?

 

一般の「白内障」は老化が原因とされています。それでは、老化が白内障を引き起こすメカニズムについての説明に移ります。

 

そもそも白内障とは、眼の「水晶体」の酸化を促されることで白濁が発生し、最悪の場合は失明に近いレベルの視力低下すら引き起こしかねない恐ろしい病気です。

 

そして、その水晶体の酸化の原因は、主に 日常生活の中で眼に入ってくる紫外線と言われています。

 

本来なら、体内のペプチドの一種である「カルノシン」が、そうした酸化的ストレスから細胞を守ることで、その老化を防いでくれます。しかし、そのカルノシンは、年齢を重ねると共に体内で生成することが難しくなってしまいます。

 

そのため、老化のせいで白内障が発症するのは、その 老化こそが、水晶体の酸化を防ぐカルノシンの生成を低下させているからだと言えるのです。

 

そもそも白内障って何が原因で起こるの?

 

発症する内のおよそ90%を占める、一般的な「白内障」は、加齢が原因であることが臨床において分かっています。実際、症状の重さや進行の速さに個人差はあるものの、80歳以上の高齢者の多くは白内障を発症していると言われています。

 

そのため、このように老化に伴う点を特徴としていることから、「加齢性白内障」と呼ばれることもあります。ちなみに残りの10%は、アトピー性皮膚炎の合併症として発症します。

 

一般の白内障とは違い若年層に多いことが特徴の「アトピー性白内障」、糖尿病の合併症として発症する「糖尿病白内障」、遺伝や先天性風疹症候群 (胎児期に母体が風疹に感染したことが原因となっています)により発症する「先天性白内障」などが占めています。

 

それでは以下で、 一般の白内障に対する防止薬についてまとめていこうと思います。

 

白内障の薬ってどういうのがあるの?

 

残念ながら、現在のところ、「白内障」に有効とされる 根本的な治療薬は開発されていません。そのため、手術に及ぶ程症状が重度でない場合は、水晶体の酸化防止剤を点眼することで、症状の進行を食い止め、和らげる方法が主流となっています。

 

そして、その酸化防止剤として主に挙げられるのが、点眼薬の「クララスティル」と「キャンC」です。どちらも同じく副作用を持たず、投与された後眼球で「カルノシン」に変わり、強力な酸化防止剤として白内障を改善する効果を持つ、「Nカルノシン」を主成分としています。

キャンc